Specialize.

Windows AIK をご利用の方であれば、応答ファイルの Microsoft-Windows-UnattendJoin コンポーネントを使用してドメインへの参加が自動化できることをご存知かも知れません。ただし、このコンポーネントは specialize パスで処理されるため、ミニ セットアップ中 (oobeSystem パス) に入力したコン … 次の表では、Windows 8 および Windows Server 2012 以降に変更された Windows 8.1 と Windows Server 2012 R2 の応答ファイルの設定について説明します。 The table below describes Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2 answer-file settings that have changed since Windows 8 and Windows …

ズバッと解決! Windows 10探偵団 第263回. Windows 10を自動インストールする「応答ファイル」を作成する方法 応答ファイルの作成と変更 Create and modify an answer file 手順 1: カタログ ファイルを作る Step 1: Create a catalog file. Windows システム イメージ マネージャーを起動します。 Start Windows System Image Manager. また、自動応答ファイルを作成しておき sysprep する事によって、マスターイメージの展開を自動化する事ができるようになります。自動応答ファイルの作成は、以下の記事を参考にしていただければと思います。 【Windows10】Sysprepの自動応答ファイルの作成方法 [ファイル] > [Windows イメージの選択] の順にクリックします。 Click File > Select Windows Image. 応答ファイルを作成する手順を紹介. その後、「応答ファイル」という無人インストール用の config ファイルがセットされていればその内容に沿ってセットアップが自動実行されます。(sysprep ではなく「展開サービス」の役割で使われる) 3.