dpf洗浄をご利用頂いたお客様からレポートをいただきました。dpf洗浄をご検討されている皆様、是非ご参考くださいませ。 レポートを頂いたユーザーの皆様、ありがとうございました。 DPFは「マツダのHPより」 排出ガスをセラミックフィルター部に通過させることでpm(粒子状物質)を捕集、排出ガスをクリーンに保ちます。 pmの堆積量が一定量以上になった場合は排気温度を上昇させ、dpfが捕集したpmを燃焼、クリーニングします。 あと、dpd手動の燃焼ランプを無視して、走行を続けると、 車は燃料をカットしてdpd機能を抑えます。 この時点で、いすゞで、dpdのフィルターを強制燃焼する必要があります。 費用は1万円前後、所要時間は3時間くらいです。 強制再生に比べてdpdへの負荷を軽減して再生を実施します。 ※所要時間 = 約120分 ※一部の車両には本機能は搭載されていません。 dpd再生データリセット : dpd交換時、またはdpd再生を行う際に使用 … ほんと金食い虫またまた別のアームロール車ですが、ススの過剰蓄積と差圧異常で入庫。dpdがらみは必ず診断機つなげるように心がけてます。再生中の水温が高い。水温のせいで再生が中途半端になるのか、最終的に100度になったとたんいきなり中断され差圧異常。 P2002 dpf/dpr異常. ベストカーの国沢光宏氏の連載『クルマの達人になる』。連載回数480回を数える人気の連載だ。 今回はディーゼル車と愛称の悪いオーナー像に迫ります。ディーゼルにしようか、ガソリンにしようか迷っている方は必見。 文:国沢光宏/写真:平野学、s… この故障コード結構有名で嫌な予感がします・・・ dpfこれはディーゼルエンジンの排気ガスから黒煙等のディーゼル微粒子(pm)を除去する捕集フィルター装置なのですが、交換になると非常に高額な修理になる恐れがあります。 DPD強制再生要領 対応車種:エルフ 対応年式:平成16年6月~平成18年10月 G-scanを使用して行うエルフのDPD強制再生要領を記載しますので、参考にしてく ださい。 ※注意※ ・DPD強制再生は車両停止状態、車両が正常な状態(ウォーニングランプ消灯時、故 pm燃焼(dpf再生)処理は、エンジン回転数が約1,800回転に上がり、約30分間で終了しますが、場合により終了するまでの時間が変わることがあります。 pm燃焼(dpf再生)処理は、エンジンを暖機してから行ってください。